蛇口の水漏れの原因とその対処法

いくら蛇口のハンドルやレバーをしめても水滴が止まらない、接合部から水がずっと流れているケースなど、水漏れを発見するとついつい慌ててしまいがちです。しかし、水漏れの原因にはいくつか事例があり、個人でも対処可能なケースがあります。ここではよく起こりがちな蛇口の水漏れの原因と、その対処法について解説していきます。いざという時に焦らないために、また普段からチェックや対策を講じておいて未然に防ぎましょう。

蛇口の仕組みを理解する

水漏れについて調べる前に、まず水道の蛇口の仕組みを理解することから始めると、より原因追及がしやすくなります。一般家庭で用いられる水道の蛇口の種類は、手で蛇口をひねる部分が三角形の「単水栓」と、ドアノブのような形状をした「ハンドル混合栓」の2つです。2つとも、壁から伸びる本体と手でひねるハンドル、水を放出するパイプ部分の合計3つの部位から成り立ちます。形状こそ異なるものの2つとも構造は同じで、ハンドルの下部に組み込んであるケレップ・コマ部分が水栓の役割を果たし、ハンドルをひねる(開く)ことによりコマ部分がゆるみ、水圧で押し上げられてパイプ部分へと運ばれて水が出る仕組みです。それぞれの部位で重要となるパーツが「パッキン」で、ベルの真下や下部のコマ部分、本体とパイプ部分との接合部の合計3箇所で用いられています。本体のコマ部分に組み込まれているパッキンは、壁の際まで来ている水をせき止める、いわば「水門」の役割を果たす大事なパーツです。このパッキンの素材はゴム製であることがほとんどで、長年使用しているうちに開閉の摩擦やハンドルをひねった時に流れる水の水圧によってどんどん劣化していきます。また、パッキン以外にもハンドルを開閉する際に摩耗するネジ穴の箇所や、パッキンを接合するナットなどの部品も同様に劣化することも道具・機器を使用する上で当然起こりうることと覚えておきましょう。

蛇口の水漏れが生じる原因

蛇口の水漏れの原因は、水が流れたり垂れたりしている部位をチェックすることで問題のある箇所を割り出すことができます。最も多いケースはパーツの緩みやゴムパッキンの劣化です。レバーや部品を留めるナットが緩んでいたり、繰り返し使用することでネジ部分が摩耗していたり、密閉して水門の役割を担うゴムパッキンが劣化していると、水漏れが発生するのは必然と言えるでしょう。部位ごとで見るなら、大多数を占めるハンドルや接合部などから水が漏れている場合、先述の通りナットやボルトの緩み、パッキンやコマ部分のパーツの劣化・摩耗が該当します。ここが原因の場合は、ポタポタと垂れる程度で初期症状の段階であることが多く、対処は比較的容易です。次に、吐水口(パイプ部分)からポタポタ垂れている場合は、パイプの先端部分のフィルターが汚れている可能性が考えられます。大抵は網目状、もしくは浄水用フィルターがつけられており、これらが劣化することで水漏れが発生するケースも多いです。そして、蛇口のパイプとレバーの付け根部分から水漏れがある場合は、これまでの2つの原因が複合的に絡んでいる可能性があります。付け根部分のナットが緩んでいたり、レバー内部のパッキンやビスなどパーツの劣化、フィルターやカートリッジの汚れなどを疑うべきです。このような症状が見られる場合は、分解して確認するほかありません。もっと深刻なレベルになれば、蛇口の本体の付け根や壁面との接合部分から水漏れするケースもあります。この場合は、蛇口を壁に設置しているネジ巻きの部分の劣化、給水管など配管内の詰まりなどが原因であることが多いです。配管自体の老朽化なども考えられるため、個人での修理が困難なケースもあることを念頭においてください。水道の蛇口の水漏れはこれら4つの要素が原因であることが多いため、修理を行う前にどの部分から水が垂れているのかをじっくり観察して問題のある箇所を特定することが先決です。

原因別・水漏れの対処法

蛇口の構造を把握して、原因となる箇所も分かった時点で修理へと移りますが、忘れてはいけないのは止水栓(元栓)を閉めることです。ベルやハンドルを留めているビスをドライバーで締める程度であればわざわざ水を止める必要はありませんが、ゴムパッキンやパーツの交換、接合部のチェックを行うなら分解は免れません。水道の流れを止めておかないと、分解を始めた途端まわりが水浸しになってしまうため、原因となる箇所の修理作業に入る前に止水栓は必ず閉めて水の流れを止めておきましょう。止水栓の場所は、キッチンの下の収納棚の中に設置されていることが多いです。戸建ての場合は、宅地内の庭など屋外の地面に埋め込まれているケースもあります。また、マンションなど集合住宅の場合は、玄関横のパイプシャフト内であることが多いです。災害などで蛇口や水道管が壊れて水が噴き出した時のことを考えて、止水栓の位置を把握しておくと万が一の時に焦らずに済みます。屋外にある止水栓は、大抵家全体の水道を止めてしまうため、日にちや時間帯を選べるのであれば家族が水を使うタイミングが少ない平日の昼間などに作業を行うのがおすすめです。スパナが必要なタイプもありますが、多くはハンドルタイプであるため通常の蛇口のレバー同様回して閉めれば止水は完了します。止水栓を閉めて水を止めたら、いよいよハンドル・レバーを外します。ほとんどの製品は、ハンドル上部をビスで留めているため、ドライバーを用いて外します。中にはフタがあるタイプもあり、この場合はマイナスドライバーなど細長くて薄い金属のバーを用いれば外す作業が容易です。ここから、スピンドルを外すためにスパナでナットを取り外し、パッキンやスピンドルの劣化具合を調べてください。このどちらか、もしくは両方が劣化しているなら新品と交換すれば、修理は完了です。スピンドルやハンドル部分のパッキンが原因でなかった場合、さらに下部にあるケレップ(コマ部分)やコマ部分のパッキンの劣化具合も一緒に調べましょう。ホームセンターで購入する際、ケレップという名称の他に「水栓コマ」として陳列されていることもあるため、分からなければ店員さんに尋ねてください。ホームセンターで購入する前に、蛇口の型も調べておくことも忘れてはいけません。似た製品を購入してもサイズが異なれば水漏れは改善されないため、必ず同じ品番・型番の製品を購入するようにしましょう。フィルターの汚れが酷い場合も、新品に交換することで改善されることが多いため、吐水口の水漏れの場合は試してみることをおすすめします。作業時の注意点としては、ナットやボルトが緩んでいるからといって締め過ぎないようにすることです。締め過ぎてしまうことで、配管を圧迫してしまい水道管の破裂に繋がる恐れがあります。分解する際は手順をメモしたり、スマートフォンなどで逐一写真を撮るなど記録をつけてください。せっかく修理しても組み立てられない、という事態を防ぐためです。

分からない時は無理に自分で直さない、という選択も大切

蛇口が水漏れを起こしている場合、ハンドルやレバーの接合部、パイプ部分など水が出ている部位を突き止めることで原因が特定できます。修理する際には、止水栓を閉めて水の流れを止めておくこと、分解する時にスマートフォンで写真を撮るなど記録して手順を覚えておくことが大切です。交換や増し締めで済むケースが多いため、こういった事前準備や手順の記録が大切であることを覚えておいてください。ただし、壁との接合部分や給水管の詰まりなど個人の手に負えない箇所から水漏れが生じていたり、分解の最中に部品がなくなったり手順がわからなくなった場合、無理に作業を続行すると悪化してしまう可能性があります。原因の箇所が特定できない、修理にチャレンジしたけれど途中で分からなくなった時はぜひ当社にご相談ください。