横浜で水回りのリフォームならお任せください。

お気軽にお電話でお問い合わせください! 090-2947-3562 【受付】9:00~19:00 【定休】日・祝日

ブログ


給湯器が凍結してしまったときの対処法と防止策

凍結して水道から水が出ないイメージ

 

寒い時期になってから給湯器がうまく動かないという場合には凍結が原因になっている場合があります。給湯器が凍結してしまったらまず何をしたら良いのでしょうか。凍結の原因を理解して適切な対処もできるようになりましょう。特に北方の地域では凍結を起こしやすいのでいざというときに困らないように基本的な方法を理解しておくことが大切です。

 

給湯器が凍結したときの対処法

給湯器が凍結してしまったときには水を流そうとしても出てこなくなります。基本的には放置して自然に温まってくるのを待つのが解決策です。外気温が上がって自然に氷が溶けてくれるのを待ちましょう。しかし、本当に寒い日の場合にはなかなか自然に解凍することはできずに悩む場合もあります。完全に凍結していなくて少しなら水が流れるという状況なら、温度設定を高くしてできるだけお湯を流すと簡単に解決できます。ただ、給湯器側に安全装置が入っていて凍結したときには点火できない仕組みになっている場合には安全装置が解除されるまで待たなければなりません。このような状況であっても解凍を早めるには凍結している水道管を温める方法が有効です。よく行われているのが水道管にお湯をかける方法ですが、少し注意をしないと水道管を破裂させたり、漏電を起こしたりするリスクがあります。まず、使用するお湯は触れるかやや熱い程度のお湯にしましょう。あまり急激な温度変化があると水道管が変形してしまい、最悪の場合には亀裂が入って漏水を起こすようになりかねません。そして、電源プラグにかからないようにゆっくりと狙いを付けてかけるのが大切です。はねてしまわないようにタオルや雑巾で水道管を覆った上からお湯をかけるのが良いでしょう。熱が水道管全体に伝わりやすいので温める効率も高くなります。温められれば良いのでお湯を使わずともドライヤーなどを使用することも可能です。屋外でも使えるコンセントがあるか、屋内からうまく延長コードでつなげる場合にはドライヤーで水道管を温めてみましょう。長時間連続してドライヤーの風を当てていると温まり過ぎて変形するリスクがあるので、ときどき水道管を触って温かさを感じる程度にしておくことが大切です。なお、給湯器が凍結したときには内部の水が膨張するので水道管が破裂するリスクもあります。この場合には凍った水が栓のようになっていれば水が止まっていますが、溶けた途端に水が止まらなくなるのですぐに元栓を閉めましょう。業者に相談して速やかに修理か交換をするのが賢明な対処法です。

 

給湯器が凍結してしまう原因

水道管が凍結すると解凍するのにかなりの時間と労力が必要になります。凍結してしまわないようにするには原因から防止策を考えることが重要です。凍結は温度が低くなって水の融点を下回ったときに起こります。給湯器には水道管が通っていて、内部で加熱をしてお湯を供給する仕組みになっているので、水道管の中には常に水があるのが特徴です。給湯器は屋外に設置するのが基本なので、常に外気にさらされています。気温が0℃を下回る時間が長いのが凍結してしまう直接の原因です。一時的に零下になっても水道管内の水が冷え切らないので凍結することはありませんが、だんだんと熱交換が進行して温度が下がって凍ることになります。北方の地域の場合には昼間も気温が0℃まで上がらない場合もあるでしょう。このようなときにはかなり凍結するリスクが高まるので対処が必要です。また、給湯器の設置場所が悪いのが原因で凍結を頻繁に起こしてしまうケースもあります。たとえ気温はマイナスになっていても、給湯器が太陽光にさらされれば温度は上がります。しかし、家の裏手、特に北側の日が当たりにくい場所に設置していると自然の力で温度が上がらなくなりがちです。また、風通しが良くて太陽光が当たってもすぐに冷気で冷やされてしまう場合にも凍結を起こしやすくなるので注意しましょう。この他によくある原因として数日間使わなかったというケースがあります。毎日給湯器を使用していると内部の水が新しくなっているので温度がそれほど下がらずに済むのが一般的です。しかし、使わない状態で放置していると気温の低下に伴って着実に水温が下がっていきます。昼間も低めの温度になってしまって、夜間に少し寒くなっただけで凍結してしまいやすいのです。

 

給湯器の凍結防止策

 

暖炉で空気を暖めるイメージ

 

給湯器の凍結防止策として最も重要なのは水温が下がらないようにすることです。最近の給湯器は凍結防止機能が付いている場合もあるので、寒い地域では凍結防止機能付きの給湯器に交換するのが最も確実な方法でしょう。水を循環させたり、ヒーターで温めたりする機能が代表例です。ただし、給湯器の電源を落とさないようにしないと意味がないという点には注意が必要です。また、凍結防止機能が付いていない給湯器でも電源プラグは差し込んだままにしておきましょう。節電のために使わないときにはコンセントを抜くという習慣が広まってきていますが、電源プラグが入っているだけで給湯器は少し温まるので凍結防止策になります。ただし、電源を入れておいてもやはり外気がかなり低いと凍ってしまいます。日中は水を使う機会が多くて気温も高いから凍りにくいですが、夜中から朝にかけては水をあまり使わず、気温も低くなるので凍結が起こりやすい時間帯です。この時間帯も水を流し続けていれば凍結を防止できます。凍ってしまいそうなほど寒い夜になる日は給湯器のスイッチをオフにして水を流し続けておきましょう。お風呂場や洗面所、キッチンなどのどこでも構いません。あまり量が少ないと意味がないですが、大量に流す必要もないので水道代にそれほど大きな影響はでないのが一般的です。目安として糸のように細い水の流れを作る程度の水を流せば良いと覚えておけば問題ありません。もし追い焚き機能のあるお風呂を使っているのなら、その循環機能を使って凍結防止ができます。循環アダプターの少し上までお風呂にお湯を張っておくと自動的に水を循環させて凍結を防止してくれます。また、寝る前に水抜きをするという対策も有効です。冷えてきてしまっている給湯器の中の水を全て新しい水に交換すると温度が上がり、夜の間に凍結するほどには冷えなくて済む場合があるからです。水抜きの仕方は簡単で、まずは給湯器のスイッチを切ってガス栓や水道の元栓を切ります。そして、蛇口を開いて水を流しきり、さらに給湯器の水抜き栓から水を抜けば終わりです。ここで電源プラグを抜いて、水抜き栓や蛇口などを閉め、水道の元栓を開けましょう。そして、蛇口を開けて水が出てきたら水の入れ替えも完了です。最後にガスの元栓を開けて、電源プラグを元に戻せば使用できます。このような方法の他にも物理的な対応で温度を下がりにくくするのも効果的です。給湯器に接続されている水道管が凍結すると破裂するリスクが高いので、この部分を重点的に冷えにくくしましょう。昔からよく行われている対策が毛布を巻きつける方法です。最近では水道管用の凍結防止テープも販売されていて、十分に巻き付けた上にさらに毛布をかぶせておくのも良いでしょう。凍結防止テープを隈なく巻きつけるだけでもかなり効果があります。ホームセンターなどで簡単に購入することが可能です。ただし、断熱によって外気温の影響を受けにくくするのが目的なので長期的な対策にはならず、毎日給湯器を使っているようなときに有効な防止策だという点には留意する必要があります。