リフォーム中の仮住まいを選ぶときのポイントは?

自宅をリフォームするときには住みながら工事を進められる場合もありますが、大きなリフォームになると一度家を離れなければならなくなります。仮住まいを用意して過ごすことになりますが、どのような観点から探すと失敗を避けられるのでしょうか。選び方でかなり困る人も多いのでポイントを広く押さえておくことが大切です。

リフォームの仮住まいの必要性と問題点

リフォームをするときには外壁塗装や屋根塗装、外構工事などの屋外の作業が主な場合や、手すりの取付、バスやトイレの設備交換などの簡単な工事であれば住みながら行うことができます。しかし、間取りの変更やリビングの大改装、床暖房の敷設などを行うときには居住スペースを確保するのが難しくなってしまいがちです。水回りのリフォームをするときには済むことはできても水を使えなくなってしまって生活は困難になる場合があります。あるいは電気やガスの配管工事を伴う場合にも数日間は住めなくなる場合があるでしょう。このようなときには工事の期間中は仮住まいを手配して生活することになります。多少の不便があっても住めるというケースもありますが、長期の工事になると大きなストレスになるので仮住まいを探した方が無難です。また、外壁塗装などの簡単な工事であっても異臭や騒音などが気になる場合には、住みながらリフォームするよりも工事中は退避しておいて終わったら戻るという方が賢明と言えます。仮住まいを用意すると費用はかかりますが、快適な生活を手に入れられるメリットがあるので前向きに検討してみるのが肝心です。しかし、いざ仮住まいを探そうと考えてみると問題点が浮かび上がってきます。まず、数日から数週間という単位で借りられる住まいを探すのが難しくなりがちです。そもそもどのような候補があるのかが思いつかなかったり、探し方がわからずに悩んだりすることもあります。上手に探す方法が見つかったら数少ない候補の中から仮住まい先の比較検討することになりますが、何を基準に選んだら良いかでも悩みがちです。必ず費用がかかりますが、どの程度の予算で妥協すれば良いかがわかりにくいでしょう。通学や通勤の都合も考えた立地を選ばなければなりません。食事や買い物の都合も考える必要がありますが、さらに家具や家電などを退避させなければならないときには置き場所も考えなければならないでしょう。ペットを飼っている場合には仮住まい中にどのようにして世話をしたら良いかも難問になります。このような多様な問題点を解決できる仮住まいを探し出してようやくリフォームを実行できるのです。

仮住まいを選ぶときの種類とポイント

リフォーム中に利用する仮住まいとして候補になるのがホテルや旅館、ウィークリーマンションやマンスリーマンション、賃貸物件やUR住宅です。親戚や友人の家に住めるという場合には仮住まいとして魅力的ですが、本当に親しい間柄でないと居住費や光熱費などの扱い方や生活リズムのすり合わせが難しくなる場合が多いので注意しましょう。基本的には有料の住まいを探して住んだ方が後々まで問題が起こらずに済みます。それぞれを住まいとしたときのメリットとデメリットを確認してまずは候補を絞り込みましょう。ホテルや旅館の場合には1日ずつ借りられるのがメリットです。賃貸契約などの面倒な手続きや初期費用の発生などもなく、水道や電気などのライフラインについての手配も一切必要ありません。ベッドメイクや清掃も任せられるので生活は比較的楽でしょう。施設によってはクリーニングサービスもあります。しかし、1日あたりの滞在費は最も高い選択肢で、部屋のサイズもあまり大きくないので荷物は別に預ける場所を確保する必要が生じるでしょう。トランクルームや貸しコンテナの手配費用も考慮しておかなければならないのが一般的です。また、クリーニングサービスは高いとなるとコインランドリーの場所も考慮して立地を選ばなければなりません。概して交通の便が良い場所にホテルや旅館はありますが、地域によっては近隣に見つけるのが難しいこともあって長距離の引っ越しが必要なことも多いのが問題点です。ウィークリーマンションやマンスリーマンションは数日から数ヶ月単位で住めるのが特徴で、初期費用はクリーニング費用程度しかかからないのが魅力の賃貸物件です。家具や家電も揃っていて水道や電気などのライフラインも用意されているため気軽に利用できます。単身者向けの物件が多いですが、地域によってはファミリー向けのものもあるのでホテルよりはスペースを確保しやすいのも特徴です。しかし、ウィークリーマンションは都市部にしかほとんどないので物件探しに苦労しやすいでしょう。賃貸物件はどの地域でも気軽に借りられるのがメリットで、家賃や間取りのバリエーションも豊富です。しかし、短期の場合には借りられない場合もあるので注意が必要でしょう。敷金や礼金、クリーニング費用や鍵交換代などの様々な初期費用がかかるのでホテルに比べても高くなってしまうこともあります。オーナーとの交渉次第で短期契約で安くできる場合もあるので探してみる価値は高い仮住まいの候補です。家具や家電などの手配が必要なことが多いですが、必要に応じてレンタルで済ませることもできるでしょう。UR住宅は公共賃貸住宅で敷金や礼金などがかからず、家賃も安くて入居期間も短くて特に問題は生じません。しかし、物件数が少ないことに加えて人気が高いのでリフォームのタイミングで手に入れられることはあまりないのが実情です。UR住宅を使いたい場合には空きが出るタイミングでリフォームを行うという戦略が必要になるでしょう。このような選択肢から仮住まいを選ぶときには予算、通学や通勤の距離、駐車場の有無といった点を考慮しつつ、家族構成を考えて十分な広さがあるかを確認するのが大切です。また、滞在期間に応じて最も安く済ませられる仮住まい先が異なります。短いならホテル、長いなら賃貸住宅、中間程度ならウィークリーマンションといった形で選ぶと良いでしょう。

リフォームの仮住まいについて知っておくと良い点

リフォームの仮住まいを探すときにはできるだけ早めに行動を起こしましょう。リフォームの計画を立てながら物件探しをしておくのが無難です。そして、開始日と期間が決まったらすぐに契約を申し込むという段取りを整えておきましょう。ホテルの場合には空きさえあれば問題ありませんが、賃貸物件の場合には一ヶ月程度は入居前にかかることがあります。それと合わせて重要なのが引っ越しの手配です。置いたままにできる家具や家電以外は全て取り払わなければならないので仮住まい先に収められるかを確認しましょう。難しい場合にはトランクルームや貸しコンテナを用意するのが簡便な対策です。引っ越しを業者に依頼するときには2回分をまとめて見積もりを取ると安上がりになる場合があります。繁忙期の場合には予約が取れない可能性があるので物件の手配ができたらすぐに予約しておくのが重要です。この他にも問題になりやすいのが郵便物で、郵便局に転送してもらえるように転居届を出しておくと安心でしょう。公共料金については長期化する場合には移転手続きが必要になります。住所についても同様なので、心配な場合には住民票を移しておきましょう。そして、最後に重要なのがリフォームの工期が延びたときの対策です。仮住まいの追加費用はリフォーム業者が負担してくれる場合があります。その際に必要な手続きも含めて書面で確認を取っておくのが賢明です。