中古マンションのリフォームに成功するためのポイント

住まいの手に入れ方として中古マンションを購入して家族構成やこだわりに合った形にリフォームするという方法があります。中古マンションにまずは住んで、将来的には家族構成に合わせてリフォームして快適にしたいという人もいるでしょう。では、リフォームを実施するときにはどのようなポイントを押さえておいたら良いのでしょうか。今回はリフォームをする際のポイントや注意点をプロ目線で解説したいと思います。

中古マンションのリフォームとは

理想のマンションを手軽に手に入れる方法として有用なの中古マンションのリフォームです。本体価格が新築に比べると安いことに加え、リフォームを行うことで古くなって住みづらい、使いづらいという部分は比較的安い費用で改善することができます。もうワンランクアップを目指したいというときには少し費用をかけてリノベーションをすることも可能です。一般的にはリノベーションをしても新築マンションを購入するよりも安上がりになる場合が多く、自分で自由な間取りや設備を整えられる点で魅力があります。新築マンションの場合にもスケルトン仕様になっていてある程度の自由度で間取りなどを決められることもありますが、通常は既に決まってしまっているレイアウトで生活しなければなりません。しかし、中古マンションなら予算に応じて多様なリフォームやリノベーションを行うことができ、注文住宅を建てたときのように理想的な内装の住まいを手に入れられるでしょう。中古マンションは全国のほとんどの地域でかなりの数の選択肢があり、都心部でも優れた立地に安価な物件を見つけられることもあります。リフォームやリノベーションをする前提にしていれば内装の良し悪しや設備の充実度はあまり気にかける必要はなく、トータルでどの程度の費用がかかるかを見積もって納得できれば購入できるでしょう。

リフォームしやすい中古マンションとは

リフォームやリノベーションを予定して中古マンションを選ぶときに重要なポイントがあります。物件によってリフォームのしやすさやリフォームしてからの住みやすさに大きな違いが生じるため、肝心なポイントを押さえて選ぶことが必要です。リフォームをする上で最も重要なのが可変性の高さです。物理的な可変性と規約による可変性を両方考慮して選ぶことが重要になります。マンションの構造によって可変性にはかなりの違いがあり、間取りを変更したい場合には動かせる壁や柱がどれかを確認しなければなりません。マンションを支えている柱や壁は動かすことも除去することもできないので、それ以外の部分しか動かせないことになります。水の配管や電気の配線がどのようになっているかも確認しておくことが大切です。配管工事や配線工事で対応できる場合もありますが、構造上不可能な場合には間取りに制限が生じます。配管工事や配線工事をするとリフォームコストも高くなってしまうので、できるだけ水回りや電気についてはそのまま使えるレイアウトになっている物件を選ぶのが賢明です。このような物的な条件に加えて管理規約についても確認しましょう。リフォームをすると周囲の部屋に迷惑がかかる影響でリフォーム内容に制限があったり、承認を得るのが難しくなっていたりする場合があります。過去に事例があれば承認されやすいかどうかもわかるので、不動産会社にリフォーム事例の確認を依頼するのも重要になるでしょう。一方、中古マンションを購入してリフォームをする場合には長期的な住まいとすることを想定しているでしょう。そのためには耐久性の高さが十分で、住みやすい環境も整っている物件を選ぶことも重要になります。耐震性の検査が行われていて安心して住めることや、築年数が古すぎず想定している年数は住めるマンションを選ぶことが大切です。大規模修繕工事などの履歴も照会して適切な管理が行われているかも調べておくと長期的に住めるかどうかがわかります。また、立地に関しては変更ができない部分なので納得できる周辺環境があるかどうかは実際に現場を見て確認した方が良いでしょう。ランドマークは地図で確認できても、時間帯によって異なる周辺の雑踏の様子やゴミ捨て場までの距離、坂や暗がりの多さといった点は実際に見て判断した方が失敗がありません。このような条件を一通り確認した上で、予算に合っているなら購入の候補として最適です。物件の購入とリフォームにかかる費用を合わせていくらまでなら予算として供出できるかを予め決めておくのは肝心です。より良いものを求めるとコストはかさんでしまいがちなので、現実的に可能な範囲を求めておきましょう。

リフォーム方法とタイミングに関するポイント

中古マンションをリフォームするときには方法やタイミングをよく考えておく必要があります。リノベーションをしようというときには基本的には全面リフォームになるでしょう。購入した中古マンションの部屋を全面的に作り変えてしまう方法なので最も理想を追求しやすい方法です。スケルトンまで戻してリフォームするかリノベーションするかを検討することになります。コストは大きくなりやすいため、予算が十分にあるときに優れている方法です。一方、気になる部分だけを選んでリフォームすることもできます。コストを抑えてできるだけ住みやすくしたいという場合には部分リフォームを選ぶと良いでしょう。キッチンやトイレなどの水回りを中心としたリフォームや部屋割りの変更、壁や床などのリフォームが代表的なものです。リビングを一新するなど部屋単位でのリフォームもよく行われています。別の視点として目的別に全体的なリフォームを実施することも可能です。エコの時代になっているので光熱費を削減できるようにリフォームするといった方針を立てるのも良いでしょう。あるいは老後の生活を見据えてバリアフリーのリフォームを行うこともできます。このような目的でリフォームすると補助金を使えることもあり、費用を削減しやすいというメリットがあるので検討してみるのが大切です。一方、リフォームのタイミングも熟慮する必要があります。購入してすぐにリフォームする場合には住宅ローンの中に組み込める場合もあるのが魅力です。すぐに理想的な住まいを作り上げられるというメリットもあります。しかし、借入額が大きくなってしまうので返済が大変になるリスクもあるのは確かです。ある程度の期間を空けてリフォームする場合にはリフォームローンを使うことができますが、住宅ローンの借り換えで対応できるかはケースバイケースです。しかし、将来的により良い住まいにしたいという考え方で行うには適しています。この考え方の違いで確保すべき予算にも違いが生じるので早めに決めておきましょう。

中古マンションのリフォームのポイント

中古マンションのリフォームは業者に依頼して行うことになります。基本的には物件選びと並行してリフォーム業者と相談し、物件ごとに見積もりを取って購入価格とリフォーム費用を合わせて予算内にするように探していくのがポイントです。リフォームは全面になると数百万円、部分リフォームなら一項目あたり数十万円から百万円程度が相場なので、内容が決まると大まかな見積もりをしてもらうのは比較的簡単です。リフォームに失敗しないためには業者の選定が重要になります。必ず見積もりを取って内訳を確認し、不備がないことを確認した上で契約するようにしましょう。中古マンションのリフォームに関して実績があり、工期の調整も希望に応じて行ってくれる業者を選ぶのが無難です。また、保証やアフターフォローがしっかりとしている業者を選ぶのも失敗しないためのポイントとなります。

投稿を作成しました 81

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る