吊り戸棚に注意しよう!キッチンのリフォームで使いやすくするには?

キッチンのリフォームをするときには収納をできるだけ多くしておこうと考えて吊り戸棚を付けることがよくあります。天井付近まで広く収納スペースを作れるので合理的なのは確かでしょう。しかし、吊り戸棚を付けるときには注意点があります。本当に使いやすいキッチンにリフォームするためにはどんなことを知っておいたら良いのでしょうか。

吊り戸棚はない方が良い?

吊り戸棚はキッチンのリフォームのときに交換したり後から取り付けたりすることがよくあります。キッチンで使っている鍋やフライパン、調理家電、食器やその他の小物といったキッチングッズは生活しているうちに買い足して増えてしまいがちです。その収納スペースを確保する目的では確かに合理的ですが、吊り戸棚はない方が良いと考える人もいます。実際に吊り戸棚を取り付けて使ってみると、収納しているものが実は不要なものばかりになってしまうということがよくある理由です。粗品や引き出物などでもらって使うことがない皿やコップ、タッパーなどの置き場所となっていたり、子供が小さい頃に使ったお弁当グッズや水筒などが保管されていたりすることがよくあります。また、人気があると知って買ってみたコーヒーメーカーや電動ミルなどの調理家電、一つの機能に特化していて使う機会があまりない卵焼き器やフォンデュ鍋などの調理器具といったものの置き場所にもなるでしょう。捨てるにはもったいないもののための棚になっていて、引っ越しするときにはほとんど全て捨ててしまうということもあります。それに比べると有効活用されているケースとしてラップやペーパータオルなどの消耗品のストック置き場としていたり、キッチンとは関係がなくても他にしまう場所がなかったものが保管されていたりする場合も挙げられます。そのような状況を見るとキッチンのワークトップの真上にあってスペースを遮る感じがあったり、窓を覆い隠してしまって暗くしてしまったりしているといった弊害があるのではないかと考える人もいるのです。また、吊り戸棚の一番下の段はそのまま手を伸ばせば中身を取り出せますが、高い場所にあるものは脚立や踏み台を使わないと取り出せません。収納スペースとして不便だから、普段は使わないものしか置かないという方針になってしまっていることも多いのです。さらに注意しておきたいのが取り出す上でリスクが発生することです。背伸びをして取る、あるいは脚立の上で取るという作業は手元の狂いでものを落としてしまうリスクや、バランスを崩して倒れてしまうリスクを伴います。特に高齢者がいる家庭では気をつけなければならないのが脚立や踏み台からの落下リスクで、家庭内事故の一つとして国民生活センターからも指摘されています。安全面を考えてもあまり高い場所に吊り戸棚を設置するのは好ましくないと考えることはできるのです。

吊り戸棚を有効活用しよう

吊り戸棚は役に立たなくてリスクも伴うから使わないというのも考え方の一つです。しかし、空間を有効活用して収納スペースを確保できる点で魅力は大きく、食器棚を一つ追加するのと同じレベルの容量を持っています。有効活用できるように吊り戸棚を付けるという考え方が重要になります。吊り戸棚が不便でいらないと思っている人もリフォームで交換して使い勝手を良くするという発想を持ってみましょう。今まで作り付けてあった吊り戸棚は使い勝手が悪くても、別のものに交換すれば使いやすい可能性も十分にあります。吊り戸棚を使いやすくする上でまず重要なのが設置する高さです。できるだけ踏み台や脚立を使わず、背伸びもしないで取れる高さで使用するのが合理的でしょう。あまり低い位置に設置してしまうとキッチンが使いにくくなってしまいますが、作業するときに圧迫感がない程度にすれば問題はありません。自分の身長に合わせて目線から10cm~15cmくらい下に吊り戸棚の下面が来るように設置するのが良い方法です。この高さであれば吊り戸棚の二段目か三段目程度までは脚立なしで問題なく使えます。キッチンのワークトップに目線を下ろすと視界から消えるので圧迫感を感じることもあまりありません。それでもやはり上の方の段は使いづらくなり、窓がある場合には遮ってしまうのは確かです。その対策としてダウンキャビネットを取り付ける方法があります。昇降式戸棚とも呼ばれる吊り戸棚の一種で、必要なときだけ下ろして使うことができるのが特徴です。普段は身長よりも高いところにあるので気にかからず、取り出したいものがあるときだけ引き下ろせば良いのです。サイズも一段のものから数段にわたっている大きなものもあり、天井までのスペースの広さに応じて選ぶことができます。大きなサイズの場合には重くて上げ下げが大変だと考えられてしまいがちですが、電動式のものもあるのであまり腕の力に自信がない人でも問題はありません。特に高齢者の事故のリスクを考えると電動式のダウンキャビネットを使うのは合理的でしょう。また、吊り戸棚が高い場所にあってあまり開け閉めをしないせいで何が入っているかがわからなくなってしまうこともあります。それが原因で不要なものばかり溜まってしまうものの、扉が付いていないと埃が積もってしまう問題もあるでしょう。透明な扉の吊り戸棚にすれば問題は解決できます。また、扉が横開きになっていると頭をぶつけるリスクがありますが、引き戸や跳ね上げ式のものを選べば安心です。跳ね上げ式の場合には開けるのは簡単でも閉めるのに苦労する場合があるので設置する高さに注意しましょう。また、跳ね上げ式のときには電気を遮ってしまう場合があるので、設置場所を考えて必要に応じて電気の場所も合わせてリフォームするのが大切です。

吊り戸棚のリフォームにかかる費用

吊り戸棚の取り付けや交換にかかるリフォーム費用はあまり高くはありません。もともと独立した吊り戸棚があるときに類似している仕様の吊り戸棚に交換するだけなら2万円~5万円程度が相場です。本体価格の影響が大きいので昇降式の吊り戸棚を交換する場合には10万円~40万円程度がかかる場合もあります。交換に比べると取り付けには費用がかかるのが通例です。落下防止のための補強台の設置が必要になるからですが、この費用は大きく仕様が異なる吊り戸棚に交換する場合も同様に必要になります。大まかには合計して5万円から10万円程度でリフォーム可能と考えておけば問題ありません。システムキッチンを使っていて、吊り戸棚が一体化してしまっている場合に吊り戸棚を交換するにはシステムキッチン自体を交換しなければならない場合もあります。また、システムキッチンを選ぶときに吊り戸棚と一体になっているものを探しているときもあるでしょう。このようなときにかかるリフォーム費用は50万円から100万円程度が相場です。システムキッチン自体の価格が高く、グレードの高いものを選ぶと200万円近くなることもあります。リフォームにかかる費用は依頼する業者によって異なるので、安く済ませたいと考えたら相見積もりをするのが大切です。吊り戸棚の本体価格を定価ベースで考えればどの業者でも同じですが、提携先のメーカーで安く仕入れられる業者もあって割引してくれる可能性もあります。また、工事費用も業者によって算定方法が異なり、出張費用も業者の店舗からの距離により違いが生じます。内訳がわかるように見積もりを出してもらって数社で比較すれば、同じリフォームでも安く済ませられる業者を選び出せるでしょう。

投稿を作成しました 45

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る