脱衣所増設リフォームで、無駄な時間をカット!

「お風呂から出たいのに、家族が洗面所を使っていて出られない…」そんな悩みを持ったことはありませんか?お子様が小さい内はまだしも、成長に従って脱衣所と洗面所の問題が発生してくるご家庭が多いのです。特にお子様が女の子の場合は特にストレスになってしまうもの。ご家族それぞれの時間ももったいないですよね。脱衣所増設リフォームでそんな問題を解決しましょう。

お嬢様がいるご家庭はぜひ脱衣所増設リフォームを!

脱衣所増設リフォームを検討される時に一番多い悩みが、「お嬢様が年頃になったから」というもの。年頃になると、女の子は朝晩問わず洗面所の化粧台を独占するようになりがちなものです。そのため、思春期のお嬢様がお風呂上がりも洗面所をずっと使っていて、お父様がお風呂に入れないという悩みをお持ちのご家庭が多いのです。ご家庭によっては年頃のお子様が洗面所に鍵をかけてお風呂に入るところもあり、お子様がお風呂に入っている間は洗面所が全く使えないという悩みに繋がることになります。また、どうしても夜の時間はお風呂に入る時間と歯磨きの時間がバッティングしがちなものです。お父様が歯磨きをされていて、お嬢様がお風呂を使えないという問題も出てきます。親御さんにとってもそうですが、特に年頃のお嬢様にとってははっきり言い出せずに困っていたりするもの。それに年頃の男の子の場合でも、お母様が歯磨きをされている横で脱衣所を使うのはなかなか勇気がいるものなのです。脱衣所増設リフォームでは、脱衣所と洗面所をそれぞれ独立した空間にすることで、そんなお悩みを解決します。またご家族が多いと収納スペースも多く必要になってくるものですが、脱衣所と洗面所が一緒になっているとどうしても収納スペース・収納量ともに不足気味になります。新築時や物件購入時に、家族が増えた場合のことを考えているつもりでも、洗面所の収納スペースまではなかなか考えが至らないものなのです。脱衣所増設リフォームでは、ご家族の数やご希望に合わせてリフォームすることができます。また脱衣所増設リフォームで洗面所と脱衣所を分ければ、年頃のお子様がお風呂に入っている時でもお片づけがしやすくなります。

脱衣所増設リフォームでみんなの無駄な時間を無くす

脱衣所増設リフォームのメリットは、年頃のお子様のためだけではありません。ご家族皆様の無駄な時間を無くすこともできるのです。脱衣所は本来であれば、お風呂に入るために服を脱ぐ場所です。しかしながら、多くのご家庭では脱衣所が洗面所を兼ねており、また洗濯機も一緒に設置されているお宅が多くなっています。朝の忙しい時間は洗濯を優先したいのに誰かが洗面所の順番待ちをしていたり、ご家庭によっては朝にシャワーを浴びるご家族がいたりしますよね。こうなると、お互いに無駄な時間ができてしまいます。それは何と言っても、洗面所と脱衣所を一緒にしてしまい、一つのスペースに洗顔や歯磨き、洗濯やお風呂の準備など、たくさんの要素を詰め込み過ぎてしまうためです。それにどのご家庭でも脱衣所・洗面所はそれほど広くはスペースを取っていないため、余計混雑して使い勝手が悪くなってしまいます。脱衣所増設リフォームで洗面所と脱衣所を分けることで、それぞれの機能をきちんと分けることができます。歯を磨いたり顔を洗ったりするのは洗面所、お風呂に入るために服を脱ぐのが脱衣所と分けることで、狭い一つのスペースに人が密集するのを避けることができるのです。脱衣所増設リフォームをすることによって、ご家族それぞれがご自分のタイミングで洗面所を使ったり、お風呂に入ったりできるようになります。また洗面所も脱衣所も生活感が出てしまいがちな場所。急な来客があった際などは、お客様がお手洗いを使われることも考え、慌てて脱衣所を片付けることもあるのではないでしょうか。しかしながら、急な来客のたびに脱衣所まで片付けるのは大変ですよね。脱衣所増設リフォームでそれぞれを分けることで、お客様がお手洗いを使われる際にも脱衣所を見られずに済むというメリットもあります。また、よくお客様が宿泊される家庭では、お客様がお風呂を使われている際なども気兼ねしてしまい洗面所が使いにくくなってしまうもの。脱衣所増設リフォームをすれば、来客時でも気兼ねなく洗面所が使えます。またお客様にもゆっくりお風呂に入っていただくことができ、お互いに時間を有効に使うことができるのです。

ご年配の方がいるご家庭でも脱衣所増設リフォームは効果あり!

ご家族が多いご家庭や年頃のお子様がいるご家庭だけでなく、ご年配の方がいらっしゃるご家庭、またご年配だけでお住まいの場合にも、脱衣所増設リフォームは効果があります。ヒートショック現象という言葉を聞いたことがあるでしょうか?寒暖差による健康被害のことで、具体的には急な寒暖差による心筋梗塞や脳卒中があげられます。このヒートショック現象、特にご高齢の方に被害が集中しています。入浴中にヒートショック現象が理由で心筋梗塞や脳卒中になって亡くなられる方の数は、溺死者だけでも年間に5千人ほど。それ以外の理由も含めると2万人近くの方がヒートショック現象のせいで亡くなられているというデータがあるのです。ヒートショック現象による被害は、お風呂と脱衣所の寒暖差がありすぎるために発生します。そのため、脱衣所に暖房器具を置けばヒートショック現象は回避できるのです。しかし脱衣所と洗面所が一緒になっていると、スペース全体を暖めるのがもったいないと感じたり、あるいは水回りの関係で設置場所がなかったりして、暖房器具を置かないためにヒートショック現象が発生するのです。脱衣所増設リフォームで脱衣所を分けることにより、脱衣所に暖房器具が設置しやすくなります。また、脱衣所の床が冷たいとヒートショック現象を引き起こす可能性も高くなります。脱衣所増設リフォームに合わせて床の素材を温かいものに変えれば、高齢者の方も安心です。

洗面所と脱衣所を別々にするリフォーム方法は?

洗面所と脱衣所を別々にするには様々な方法があります。最も簡単なのは、洗面所と脱衣所の間に間仕切りを作ることでしょう。壁や引き戸を設置するだけでなく、アコーディオンカーテンやロールスクリーンなどで手軽に仕切ることも可能です。ただしアコーディオンカーテンやロールスクリーンはどうしても上下左右のどこかに隙間ができてしまいます。ご家庭に合わせた間仕切りを設置しましょう。また、元々の設計によっては脱衣所に間仕切りを入れると洗面所の採光が不十分となってしまったり、電気のスイッチが使いにくくなる場合もあります。自分がお風呂に入っている時に、洗面所にいる家族が誤って電気を消したまま行ってしまったりしたら、ゆっくりお風呂に入っていられませんよね。窓や照明、電気系統をどうするかも含めた検討が必要です。また大幅に脱衣所増設リフォームをお考えであれば、洗面所を廊下に移動させる方法や、脱衣所にある洗面所のほかにもう一台の洗面所を増設する方法もあります。特に二階建てのご家庭やご家族が多いご家庭では、廊下などに洗面所を増設すれば洗面所の順番を待つ時間も大幅に短縮できます。脱衣所増設リフォームをされる場合には、洗面所と脱衣所はそれぞれ最低でも1.5畳は確保しましょう。特に脱衣所は、洗濯機を設置することを考えると1畳では狭過ぎてストレスになってしまいます。間仕切りで仕切る場合も同様、洗面所と脱衣所の広さが確保できるか確認してから間仕切りを設置しましょう。脱衣所増設リフォームをご検討になられたい場合は、当社までご相談ください。ご家族の数やお悩み、住まいの状況などに合わせて、最適なリフォームのお手伝いをいたします。

投稿を作成しました 45

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る