横浜で水回りのリフォームならお任せください。

お気軽にお電話でお問い合わせください。 090-2947-3562 【受付】9:00~19:00 【定休】日・祝日

ブログ


トイレを移動!リフォームで気を付けるべきポイントは?

移動設置したトイレのイメージ

 

毎日使う場所だけに、トイレが使いにくいと生活が不便になってしまいがちです。そんなときは思い切ってトイレの位置を変えることも検討してみましょう。しかしいざ動かすとなると大規模が工事が必要になるため、事前にしっかりと検討することが必要になります。

 

トイレだけ動かす訳ではない

トイレのリフォームには様々な種類があります。便器を最新式のものに取り換えたり、便器の向きを変えることで劇的にトイレが使いやすくなることもあります。しかし寝室からトイレが遠いなど、トイレそのものの場所を移動させたいというケースも珍しくありません。移動させることは可能ですが、その際には大規模な工事が必要になってしまうので安易に実行しないよう注意が必要です。事前に業者としっかり打ち合わせを行う必要があります。

トイレの移動が簡単でない理由は、給排水管も一緒に移動させなければならないからです。配管は壁や床の中を通っているので必然的にそれらを外して工事しなければならず、移動させる距離が長くなればなるほど工事は大掛かりなものとなります。

 

トイレの配管のイメージ

 

もう1つトイレ移動リフォームが難しい理由は、トイレから流れる水が「し尿を含んだ排水」だという点です。風呂やキッチンの排水は「雑排水」であり、分類が違うのです。そのため、他の水回りと排水管を入れ替えて工事を短縮、といった手段を取ることができません。また、縦管と横管の距離も重要になります。横管はトイレと縦管を繋ぐ管、縦管は横管から排水を受け取り、建物内の排水を集める排水横主管に繋ぐ管のことです。風呂やキッチンの場合、横管が長くなっても勾配が確保できていれば水は流れていきます。しかしトイレは必要な勾配が大きくなります。縦管と横管が離れすぎると勾配が緩くなってしまい、大便が流れないという事態が起こることもあるのです。

 

移動できないケースも

そもそもトイレ移動ができない、といったケースもあります。

戸建ての場合は比較的自由に移動させることができますが、場所によってはトイレを流す度に一々音が他の部屋にまで響いてしまう、といったことが起こってしまいます。これは排水管のレイアウトに理由があるため、やはり移動には制限があると考えた方がいいでしょう。

 

トイレ移動ができないと意思表示する男性

 

マンションの場合は床の構造に注意が必要です。マンションの床には直床と二重床の2つの種類があります。直床は階下の部屋との仕切りの上に直接床が置かれているタイプ、二重床は階下の部屋との仕切りに空間が置かれているタイプです。直床の場合、トイレを移動してしまうと水漏れなどのトラブルが起こる可能性があるため、リフォームが非常に困難になります。どうしても動かしたいときは床を上げて、その下に配管が通る空間を新たに作ることになります。当然床が上った分天井が近くなるので、トイレ全体が窮屈に感じてしまう可能性があります。二重床ならある程度自由は聞きますが、空間が狭いと希望通りの場所に移せない可能性が出てきます。

 

他のプランも検討しよう

トイレの位置を移動させるリフォームは、実際にはあまり行われていません。大規模な工事が必要になる上、制限が多く費用が高くなることも多いからです。どうしても移動させたいという場合は除いて、他のプランを検討することでトイレの快適性を上げることを検討するのもおすすめです。

 

トイレ移動以外の選択肢も検討する女性のイメージ

 

例えば便器と壁の距離が近く、用を足しにくかったり掃除がしにくいといった不便さを感じている場合。そんなときはトイレ空間を広く取ることで不便さを解消できる場合があります。またトイレ内での動作が多く億劫だというときは、便座の向きを変えるのもおすすめです。今ある便器の向きを変えるだけならば、工事費も安く工事自体もすぐ終わります。

トイレの位置を変えることはできますが、大規模な工事が必要になることを頭に入れておき、他に不満を解消できるプランがないか考えることも重要になります。