横浜で水回りのリフォームならお任せください。

お気軽にお電話でお問い合わせください! 090-2947-3562 【受付】9:00~19:00 【定休】日・祝日

ブログ


シャワーがぬるいのは給湯器の不具合?原因の確認方法と交換の目安

シャワー

 

なんだかシャワーがぬるい気がするというときには給湯器の不具合を疑った方が良い場合もあります。ぬるいときにはまず確認すべきポイントがあるので紹介します。それでも直らないときには給湯器を疑いましょう。給湯器にも寿命があるので交換が必要になることもあります。どのような状況だったら交換した方が良いのかも合わせて理解しておきましょう。

 

シャワーがぬるくなる原因とは

シャワーがぬるくなってしまう原因を考える上では原理を理解することが大切です。水道管から入ってきた水がお湯になってシャワーから出てくるまでには様々なプロセスがあり、どこが破綻してもぬるいお湯になってしまう可能性があるからです。簡単に流れを確認してみましょう。水道管から出てきた水は給湯器で温められます。瞬間式の場合にはその水がすぐにその場で高温に温められますが、貯槽式の場合には予め湯沸かしをしておいて貯まっているお湯と水を混ぜて適温にするのが基本です。そして、適切な温度に調節された水が配管を通ってシャワーから出てくることになります。この過程で温度コントロールが行われていますが、給湯器側でまず調節が行われ、さらにシャワー側で調節されて出てくるという仕組みが一般的です。このため、お湯は出てくるけれどぬるいという場合には給湯器あるいはシャワー側のサーモセンサーに不具合があって温度が低くなってしまう可能性が考えられます。また、そもそも温度設定が低くなってしまっているためにぬるいお湯しか出てきていない場合もあるでしょう。また、シャワーによっては温度センサーが温度コントロール用のものとは別にあって、一定以上の温度のお湯が出ないようにしてあることもあります。やけどをしてしまうような温度にはならないようにして事故を防いでいるのです。そして、もう一つ考えられるのが給湯器で十分に高い温度のお湯を用意できなくなってしまっている可能性です。40℃のお湯が欲しいときに給湯器が30℃のお湯しか作れないという状況になっていたらぬるいお湯しか出せないことになります。このように様々なタイミングでシャワーがぬるくなってしまう可能性がありますが、給湯器が故障しているかどうかは確認することが可能です。

 

シャワーがぬるいときの確認ポイント

シャワーがぬるくて困ったら簡単にわかるポイントから順に確認していきましょう。まず、給湯器の電源が入っているかを確認するのが大切です。シャワー側も通電が必要なタイプの場合には電源が入っていることを確認しなければなりません。次に、給湯器の操作パネルを確認して設定温度が期待している温度になっているかを確認しましょう。もともと40℃にしていたのに、誰かが操作して35℃にしてしまっていたというケースも考えられるからです。この状況でシャワー以外の場所でまずはお湯を出してみて温度が正しいかどうかを確認します。もしこの時点で操作パネルに表示されている温度と同じ温度のお湯が出てきているなら給湯器は正常に動いていると判断できます。シャワーに原因がある可能性が高いのでさらに原因を探ってみましょう。シャワーに付いている温度調節ハンドルやサーモバルブを見て、出てきて欲しい温度の設定になっているかを確認します。それも正しいというときでも温度表示と実際の設定温度が違っている可能性があるので、試しに温度をもう少し高くしてお湯を出してみましょう。それで温度が上がるという場合には表面から見えている温度設定とシャワー本体に付いているサーモセンサーの値がずれてしまっているとわかります。温度が上がらない場合にはサーモセンサーに不具合があるか、温度調節ハンドルが壊れてしまっていて調節できていない可能性が考えられます。この場合の対策はシャワーのメーカーや機種によって異なりますが、表示とサーモセンサーがずれているときにはハンドルを外して正しい方向で付け直すだけで直るのが一般的です。サーモバルブが壊れているときやサーモセンサーに不具合があるときも部品交換で済む場合がほとんどですが、交換方法はものによって異なります。取扱説明書を参照して自分で交換できる場合には部品を手配して交換すれば良いでしょう。メーカーに問い合わせる形で指示が書かれているときにはコールセンターや販売店に連絡して対処してもらうのが適切です。

一方、他の場所でお湯を出してみたけれどやはりぬるいという場合には給湯器側に原因があると考えましょう。基本的に給湯器の故障の場合には内部で不具合が生じているので自分で修理するのは困難です。もし操作パネルにエラー表示があり、その対応策が取扱説明書に記載されているならその通りに行ってみましょう。それでも直らない場合にはメーカーに問い合わせて修理してもらうのが賢明です。ただし、修理をするよりも交換した方が良い場合もあります。どちらが良いかを素人目で判断するのは難しいですが、修理業者に判断を委ねると業者にとって利益になりそうな方で判断されてしまう可能性も否定はできません。簡単な判断基準を知っているといざというときに決断しやすくなるでしょう。

 

給湯器を交換するときの目安

 

修理の目安の時期のイメージ

 

給湯器を修理するか交換するかで悩んだときに目安になるのが設置時から10年程度が経過しているかどうかです。一般的に給湯器は8年~15年程度の寿命を持っています。もともと外で使う設計になっているので使用環境が寿命に与える影響は少なく、どれだけ稼働させていたかによって寿命が左右されやすいのが給湯器の特徴です。一般的な使い方では10年以上使えますが、寒い時期に長時間使用していたり、大家族なのに小容量の給湯器を使ったりしていると10年以内に寿命が来てしまうこともあります。寿命が来たかどうかの判断基準としては10年と考えておきましょう。その時点で修理したとしてもすぐに別の部分が故障してしまって再度の修理が必要になるか、修理が難しくなって交換を余儀なくされる可能性が高くなります。しかし、交換するかどうかの判断をするときにはもう少し短い年数を目安にした方が経済的です。修理をした数ヶ月後には寿命が来てしまう可能性があるという場合には交換して新品にした方が良いと考えられるでしょう。不具合が生じてきやすいのが8年目からと言われているので、交換の目安は使い始めてから8年と考えておくのが賢明です。修理してから2、3年で壊れてしまうくらいなら新品に交換して10年くらい使えた方がより良いと考えられるからです。

 

給湯器の交換について知っておきたいこと

給湯器を交換する上で知っておきたいのが費用です。給湯器本体は10万円前後のものが主流で、10万円~15万円程度で業者に交換してもらえます。業者に依頼して給湯器本体の手配も依頼することもできますが、自分で給湯器を購入して業者に交換してもらうという方法も選ぶことが可能です。メーカーや機種にこだわらないなら業者に調達まで任せてしまった方が安上がりになる傾向がありますが、型落ちで安い給湯器を見つけられれば自分で買った方が安いでしょう。ただし、熱効率などの影響でランニングコストは新しい給湯器の方が良い場合もあります。安易に安ければ良いと考えるのではなく、長期的に見て経済性の高いものを選ぶのが大切です。また、交換のときは給湯器の号数を変更するのにも適したタイミングなので家族構成を考えて無駄がなくて容量も小さすぎない給湯器を選びましょう。ただし、号数が変わるとスペース的に置けない場合もあるため、予め寸法を確認しておくのが大切です。