水回りの工事 / リフォーム / 修理 / メンテナンスなら優惺設備工業お任せください。

お気軽にお電話でお問い合わせください! 090-2947-3562 【受付】9:00~17:00 【定休】土・日・祝日

ブログ


マンションの配管はどこまでがウチの?リフォームする時の注意点

 配管 

マンションは一戸建てとは違い、多くの方と共有しているためリフォームする時には色々な注意点があります。特に水漏れなどで配管修理する際、どこまでがウチの配管なのか気になるという方も多いのではないでしょうか。

 

マンションには色々な配管がある!

マンションには様々な配管が設置されています。配管というと水道というイメージがあるかもしれませんが、それ以外にも給油間やガス管などもあります。共有部と専有部では設置されている配管も変わるので、注意が必要です。

給油管は専有部のみなので問題はないですが、ガス管や給油管は共有部にもあるので、交換する時は自分が交換するべきなのか見極める必要があります。ガス管に関しては、鋼管を使用している場合が多く、劣化や腐食は起こりにくくなっているので、交換が必要になる機会は少ないでしょう。

共有部分にある配管に関しては、基本的に管理組合の負担で交換がされます。一方専有部分の配管に関しては、自己負担での交換となります。専有部分というのは、自分が住んでいる部屋の中のこと、共有部分はエントランスや階段などマンションに住んでいる人達で共有している部分です。

 

配管の交換にはどのくらい費用がかかる?

配管を交換する目安ですが、一般的には給水管は30年程度、配水管は40年程度と言われています。古いマンションは鋼管が使われていることがあり、経年劣化で錆びによる赤い水が出てくるといったトラブルがあるので、不具合が出たら交換するようにしましょう。

交換費用の相場はおよそ30万程度と考えておくと良いでしょう。しかし、これはあくまで配管の交換自体に掛かる費用です。場合によっては壁や床を大きく壊さないと交換ができないこともあり、内装をやり直す費用がかかってくる場合もあります。また、部分補修で済ませるかにもよって変わりますが、すべてを合わせると50万円~100万円ほどかかる場合もあるので注意してください。

 

リフォームの前に配管の交換を検討してみよう!

マンション内の配管の交換は、なるべく共有部分と専有部分を合わせて行う方が効率的です。もし共有部分だけ交換しても、専有部分の配管が傷んでいたら、結局漏水などが起こってしまうからです。専有部分の場合、漏水で下の階に水漏れ被害が出ることもあるので気をつけましょう。

また、専有部分の配管を交換するなら、なるべくリフォームをする前に行う方が良いです。配管の工事には、壁や床を壊す必要があります。もしリフォームをして壁や床を綺麗にしても、すぐに配管が壊れてしまい工事が必要になると、その壁や床を再度壊さなければならないからです。二度手間になってしまうので、なるべくリフォーム前に配管がどのくらい劣化しているか、すぐに交換が必要にならないか調べておきましょう。

共有部分に関しては組合で費用を負担することになるので、自分で負担することはありません。中古マンションを購入した場合は、共有部の配管工事の時期が迫っている可能性もあるので、リフォーム前に配管改修の時期を確認しておくと良いでしょう。もし時期が迫っているようなら、それに合わせて専有部の配管工事も検討してみると良いです。

 

配管工事は自分で直すことはできない!

最近はDIYでリフォームをする人も増えていますが、配管に関しては自分で交換や修理を行うことはできません。ガス管などは素人が手を出せる部分ではないので、何か不具合が出た時はすぐに専門家に相談してください。

当社では水回りのリフォームなどを行っていますので、配管交換などはお任せください。他にもキッチンやお風呂場のリフォームなどにも対応していますので、何かリフォームに関してお困りのことがあれば気軽にご相談くださいね。

配管の劣化をそのままにしておくと、二次的な被害を引き起こす危険があります。ちょっとした不具合でも、すぐに対処するようにしましょう。