横浜で水回りのリフォームならお任せください。

お気軽にお電話でお問い合わせください! 090-2947-3562 【受付】9:00~19:00 【定休】日・祝日

ブログ


北欧風キッチンにリフォームしよう!どんな点がポイント?

欧米風 キッチン 

キッチンを北欧風のデザインにしたいというときには本格的にリフォームを検討しましょう。一目で北欧風だとわかるように仕上げるためにはどんなポイントを押さえておく必要があるのでしょうか。そもそも北欧風とは何かという点から理解して独特の雰囲気を出せるようにしましょう。細かなところまでこだわると美しく仕上げられます。

 

そもそも北欧風キッチンとは

北欧風キッチンとはヨーロッパの北部にあるスカンジナビア半島のノルウェーやスウェーデンに加え、フィンランドやデンマークといった寒冷な地域でよく用いられてきた伝統的なスタイルです。寒く厳しい冬を快適に過ごせるようにインテリアもレイアウトこだわりを持った仕様になっています。基本的にはナチュラルでシンプルなスタイルのデザインで、ホワイトや薄いグレーを基調としたキッチンにウッドテイストや木製の北欧家具を揃え、華やかな色のスカンジナビアングッズで部屋を彩るという形で作り上げることが可能です。シンプルなベースに家族に合った彩りインテリアを整えることで、一つ一つのグッズを際立たせて美しく温かみのあるキッチンを生み出すことができます。また、キッチンスタイルとして典型的なのがアイランド型キッチンやペニンシュラ型キッチンです。広めのダイニングかリビングと直結させたレイアウトにして、大きめのキッチン台を使って皆で一緒に料理を楽しむというスタイルが北欧風でよく見かけられます。あるいはペニンシュラ型でカウンターを作るというのも北欧風で人気のレイアウトです。広くキッチンとダイニングを確保できないときにはI型でキッチン自体はコンパクトにまとめ、ダイニング部分を広めにとって開放感のある部屋に仕上げるようにしましょう。

 

カラーにこだわって北欧風に

北欧風キッチンにリフォームするときに重要なのがカラーをうまく配分することです。シンプルでナチュラルなベースにするのが基本なので、ホワイトと木目調を活用するようにしましょう。ホワイトの割合を広めに取り、アクセントとして木製の家具を置いたり、無垢材のフローリングにしたりすると北欧風の雰囲気を生み出せます。木材の割合が増えすぎてしまうと少し雰囲気が崩れてしまうので天井や壁のように広い範囲を覆う部分はホワイトで整えておくと良いでしょう。ホワイトと木目をベースにした上でサブカラーとして明るくて薄い色を一色選んでサブカラーにするとさらに爽やかさや温かみが増します。ブルーを加えると涼しさや爽やかさが際立ち、グリーンを加えると清潔感と明るさが目立つようになるのが一般的です。落ち着きを求めたいときにはブラウンやグレーを用いるのが効果的ですが、カラーを薄くするように気をつけましょう。このようにしてキッチン全体の雰囲気を整えた上で、アクセントカラーを選んで配置していくと温かみに溢れたデザインに仕上がります。対照的で目立つカラーを選んだ方が対比で美しく見えるようになるので、イエローやレッド、ピンクなどが効果的です。また、カラーバランスを整えるためにサブカラーとして選んだカラーや木目調、ホワイトやグレーのものも追加すると全体が整ってきます。アクセントカラーは一色や二色だけにする必要はなく、楽しむ気持ちを込めてカラフルに飾り付けていくのが大切です。ただし、全体としてホワイトと木目調の割合が多くなるように仕上げるようにしないと北欧風の雰囲気が薄れていってしまうので注意しましょう。

 

キッチングッズも活用しよう

サブカラーやアクセントカラーを使うときにはキッチングッズを使うのが最も効果的です。スカンジナビアングッズとしてよく販売されている食器をまずは揃えてみましょう。皿やコップ、ナプキンやテーブルクロスなどの小物をカラフルに揃えると北欧風の雰囲気ができてきます。北欧風にするには真っ白なお皿のように単色のものを避け、ビビッドなものを選ぶと良いでしょう。全体がホワイトでほぼ整っていて木目調の部分が少ないという場合には木製の食器を使うのも効果的です。フライパンや鍋などの調理器具についてはホワイトやサブカラーで一色にしてバックグラウンドに調和させ、手元で使う皿やコップはアクセントカラーで彩るという形が効果的です。これによって食事をするときに家族の意識が食卓に集まり、温かな雰囲気でコミュニケーションを取れるようになるでしょう。無垢材で作られたカッティングボードや木製の柄のカッティングナイフ、単色でセットになったフライパンや鍋などが北欧風に馴染む調理器具です。特に手元で用いるカッティングナイフやカッティングボードは日本で通常使われているものよりも小さなものにして、ダイニングテーブルでも使えるようにすると北欧らしさが際立ちます。キッチン台とダイニングテーブルの色合いとの対比も考えてデザインを選んでおくのが賢明です。キッチンには欠かせないマットもインテリアを彩るのに重要なアイテムです。モノトーンのストライプは北欧風のデザインでよく用いられているので基本と考えておきましょう。幾何学的模様のキッチンマットなら大抵のものが北欧風のデザインに調和します。キッチンマットはキッチンの広い範囲を覆うので落ち着いた色でデザインははっきりとしたものにすると良いでしょう。また、キッチンインテリアについても十分にアクセントを持たせられるようにするとさらに美しく仕上がります。ファブリックパネルを壁に立てかけたり、一輪挿しの小さな造花を花瓶に挿して置いたり、人形や彫刻などを並べたりすると良いでしょう。そのために小さな飾り棚を取り付けるか、オープンスタイルの食器棚の一部に小物を置けるようにしておくのが賢い方法です。インテリアについてはキッチンだけでなくダイニングやリビングへの広がりも考えて行った方が雰囲気が整います。キッチンだけでなくダイニングやリビングのインテリアも一緒にリフォームするように心がけましょう。小物はいつでも動かせるので、時折レイアウトを変えてみると北欧風キッチンのデザインをより楽しめるようになります。

 

照明や薪ストーブも考慮しよう

北欧風キッチンにリフォームするときには照明にも気を遣うとかなり北欧風の雰囲気が出てきます。照明はペンダントライトが北欧ではよく用いられていて、全体を明るく温かみのある光で照らせるのが魅力です。また、シェードをホワイトや木目調にしてバックグラウンドにしたり、オレンジなどのアクセントカラーにして際立たせたりするのも効果的でしょう。シェードがある照明を選ぶときにはファブリックを被せてデザインを変えられるようにするのも良い方法です。逆転の発想で埋込式のLEDシーリングライト照明を使う方法もあり、キッチンとダイニングの全体がスタイリッシュでシンプルに整います。インテリアを小物でたくさん彩るときにはかえって照明はシンプルに仕上げた方が良い場合もあるのです。もう一つリフォームのときに検討しておきたいのが薪ストーブです。北欧では暖を取るために薪ストーブを使用している家庭が多く、その存在があるだけで北欧の雰囲気を醸し出すことができます。冬には部屋全体を自然な炎の力で温めることができ、薪が燃えるのを見ながら団欒もできる魅力的なアイテムです。ゆっくりとした時間を過ごせるキッチンやダイニングにしたいときに適しています。無垢フローリングと組み合わせるとよく調和するので、北欧風キッチンをデザインするときには薪ストーブの導入も検討してみましょう。